春のヘッドホン祭:Astell&Kern AK380 試聴・動作感レビュー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

_DSC7489春のヘッドホン祭 2015に参加し、AK 380を視聴する機会があったので簡単なレポートを。
あくまで限られた時間での試聴・パパっと聞いたファーストインプレッションですので参考までに。

整理券

_DSC7465視聴したい時間帯の整理券を貰い、その時間に聞きに行くという風になっていました。

AK Jr.の試聴レビューはこちら

音質レビュー

_DSC7487バランスアウトで聞きました。

上位AK機種の繊細な感じから大きく逸れていることはなくAK240と比べるとすぅふわーっと広がる空気感・音場の部分が淀むといいますか、その部分がより濃く鳴っている印象でした。
暫く聴きこんでみると色々見えてきそうな音でもありました。

120II/240/240SS のうちどれに一番近いかというと240かな。

動作感・質感

流石の最上位機種、ストレスを感じない操作感でした。
デザインに好みはあれど、持つとずっしり非常に高級感がありました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク