もうDAPに戻れない。AppleMusic聴き放題「以外」の便利さ iCloud ミュージックライブラリ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 116

Apple Music・・・あ、聴き放題なんでしょ?と思われるかもしれませんがその他の点でも便利な要素がありますので、今回はそこを紹介。

何が出来るか?自分の楽曲をインターネット上に置いておけるということ。

これだけではありませんが、このような設定にすることを「iCloud ミュージックライブラリ」を有効にするとAppleは言っています。

AppleMusicを初めて使い始めるとオンにするか聞かれて「これ何?」っとなるこの機能ですが、オンにすると細かいところで便利なので紹介します。

パソコンで楽曲を取り込めば既に手持ちの全デバイスで聴ける

_dsc4222

CDからパソコンで取り込んだ楽曲などがインターネットを通してiCloud(ネット上のサーバー)にアップされると同時に手持ちのiOSデバイス及びアプリをダウンロードしたAndroid端末、iTunesをインストールしたパソコンで聴けるようになるため、もはや1つの端末にわざわざ楽曲を入れる必要はありません。

パソコンに取り込むだけで全デバイスで既に聴ける状態にあるというのは非常に便利です。

これは、聴き放題の楽曲のうちからiPhoneに追加した楽曲も同様。iPhoneで追加すれば即座にPCにも反映されます。ライブラリが全体が同期される仕組みです。

だから、iCloudミュージックライブラリという名称な訳ですね。

クラウド上には最大100,000 曲まで保存可能で、iTunes Store から購入した曲の数はこの上限の計算からは除外されます。細かい仕様はAppleサポートページにて

パソコンとiPhoneを接続する必要が無くなる

_dsc4234

iPhoneは設定すればiCloudに毎晩自動でフルバックアップは取られますし、このiCloudミュージックライブラリと組み合わせることでiPhoneをパソコンと接続する必要が無くなりました。

現にiPhone 7を購入してからパソコンと接続したことはありません。

プレイリストも全デバイスですぐに同期される

ライブラリを同期するわけですから、プレイリストも同期されます。

私は、Mac・iPad・iPhoneと3デバイスApple製品を使っていますが、どれでも音楽を聴くことがあります。その上でどのデバイスでも聴けるということは非常に恩恵を受けているのですが、更にプレイリストが全デバイスで同期されるという点に便利さを感じています。

img_6573

例えば、iPadは車載してカーナビ&ミュージックプレイヤーとしても非常に優れたデバイスであると感じますが、それ以外においてはiPadで音楽を聴く頻度は高くありません。

ここで、運転前にちょちょっとドライブ用にiPhoneでプレイリストを作るなり、新しい曲を混ぜたりなといじっておいて・・・それはもうiPadに同期されてますから、iPadでは車載した際に再生するだけなんて使い方が出来ます。

自宅にはWindowsの自作PCを置いていますが、iPhoneで作ったプレイリストがPCのヘッドホン環境で、また逆に音楽を取り込んだ際にパソコンでプレイリストを作っておけば、iPhoneで聴けるのも便利です。

ココが不便そう・・・?おすすめの設定と注意点

ここで、私も思っていたダメそう・・・と思っていた点の疑問を潰しながらオススメの設定や機能を書いておきます。

img_6533

AppleMusicの設定は、設定アプリ→一般→ミュージック からアクセスできます。

・オンラインじゃないと聴けないんじゃないの?

0efc99cb-d6ee-43d8-ab62-7bd34601e975
ダウンロード機能があります。

・いちいちダウンロードするの面倒くさそう。

481e0f66-812a-49fb-98b7-7399075e1d07
新規楽曲が追加されると自動ダウンロードする機能があります。

・通信量・通信制限がヤバイんじゃないの?

e5ef0287-cc2a-4b12-828a-657587e44d88
モバイルネットワーク回線ではAppleMusicで通信できなくする設定、またはストリーミングの通信は許可するが楽曲をダウンロード出来なくする機能もあります(Wi-Fi限定にする機能)

0e10bf7f-5245-4428-aec5-7cad92c555ec

また、今月通信量がそろそろカツカツ・・・なんて時には、ミュージックアプリからは保存済みの音楽ファイルのみを表示することもできます。

・ガンガンDLしてたらすぐ容量いっぱいになっちゃうんじゃないの?

21f5f370-5b52-42bd-a321-90ca9173743a
AppleMusicに使用できる容量をnGBと指定できます。
その容量を超えた場合には聴かない楽曲からiPhone上から消されていく仕組み。もちろんiPhone上から消されてもオンラインであれば聴けます。

ダウンロードしなくともストリーミング再生される音楽は圧縮された音楽ファイルなので、そこまで大きく通信量を使うわけではなく、ある程度通信できるプランにしている方はWi-Fiがどうのなどと気にする必要はそれほどないかと思います。

話は逸れますが、Youtubeで音楽を聴いている!なんて場合だと、映像分(大きい)+音楽分(小さい)をストリーミングしているので、音楽分のみである音楽ストリーミングサービスに切り替えることで通信量の節約にもなります。

逆に、私のようなサブ機としてmacを利用している場合には、わざわざダウンロードはせずにストリーミング再生することでmac内のSSD容量を食うことなく音楽鑑賞できる点も良いです。

iPhoneでAppleMusicを使用する際のオススメの設定としては、自動ダウンロードオン・モバイルデータはストリーミングのみ許可(DLはWi-Fiで行う)・自分のiPhoneの容量を考えた上でのAppleMusicに使わせる容量設定 と言ったところです。

1点注意したいのはダウンロード出来ると言ってもその音源にはプロテクトがかかっていますので、他のプレーヤーで聴くことは出来ません(通常の音楽ファイルのように扱うことは出来ません。)

ですから、アップロードしたからと言ってPCにある音楽ファイルを消去するなどしてはいけません。

自分の楽曲をCloudに上げてダウンロードした際にはプロテクトが掛かっていて欲しくないという場合には、「iTunes Match」というサービスがありますので、聴き放題に魅力を感じない人はこちらを利用するか併用するのもアリです。

ただし、こちらを利用した場合にも、バックアップの意味を含めてPCから消去することはオススメしません。


_dsc4092

音質にこだわる場合はDAPを買って・・・micro SDに入れて。。。そのDAPでしか音楽を聴けない!というのが一般的ですが、スマホで音楽を楽しむのであればここまで進んだことが出来ます。

新しい音楽スタイルであるが故にはじめは戸惑いもあるかもしれませんが、慣れてしまえばとても快適です。加えて聴き放題、正直もうDAPには戻れません。音質拘るときはUSB DACかなという感じです。圧縮音源か、CDか、ハイレゾかという音源的差異はありますが、個人的には快適さに勝てませんでした。

Google Play Musicだとほぼ同様のことができるものの、話題性から最近アツいように思えるSpotifyにはこの機能がありません。

Spotifyで聴き放題良い!となった方は、楽曲の品揃えも殆ど変わりませんので、Apple Music or Google Play Musicも試してみてはいかがでしょうか?

更にBluetoothイヤホンを組み合わせればもっと快適に。。

関連

これは買い。デザイン、使い勝手、音良しのBTイヤホン「B&O BeoPlay H5」レビュー

iPhone7にジャックがない?変換ダサい??ならBluetoothイヤホンを買え!オススメも紹介!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク