今年のベストバイはLG V10!スマホに「ガジェット的面白さ」を久々感じられた最高の機種

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

GeekDaysさん企画の、今年一番のガジェットを紹介する!という「今年のベストバイガジェット Advent Calendar 2015」に参加しました!

今年は気付けばかなりのガジェットを購入していて、どれをベストにするべきか・・・と、かなり迷ったのですが、私のベストバイはLG V10です。

ちょうど購入して1ヶ月なので、「1ヶ月間使ってみて」の使用感や感想を踏まえながら、これまでの記事のまとめとしたいと思います。

まず本体の作りがかなりイイ

_DSC9499

デザインは好みが分かれそうではありますが、非常に質感が良くチープさは一切感じられません。

_DSC9509

チープさを感じさせない。それでいて画面の上と下は指紋や汚れが目立ちにくい素材ですし、背面のレザー調カバーも手汗が一切目立たないようになっています。また、MIL規格準拠なだけはあり、握っていると剛性があるというのが伝わってきます。

5.7インチで192グラムとやや大きめ・やや重めではあるものの、重心がしっかり下寄りになっており、エッジもステンレスが丸みを帯びているため持ちにくいということはなく、筆者は片手操作しています。

写真では伝わりませんが、LG G4なんかにも採用されていたIPS Quantum Display搭載で、高精細な上に発色も非常に綺麗でクッキリ鮮やか。視野角もいいです。解像度は1440 x 2560のQHD。

「LG V10」レビュー (開封・外観編)―2画面・2フロントカメラ搭載で変態仕様のハイエンド機
LG V10・LG-H961N(香港モデル)を購入したのでレビュー。今回は、開封・外観編となります。 LG VシリーズはLG...

通知バーが独自仕様なのが嬉しい

Screenshot_2015-12-21-19-50-51

個人的な好みの話ですが、AOSPでは通知バーから輝度変更やWi-Fiのオンオフなどのクイック設定にアクセスするには。通知バーを下したあと更にワンタップでクイック設定を表示させる動作が必要で、Nexus好きだった私ですがロリポップからこの仕様がどうしても気に入りませんでした。

ですが、LG V10では下せば通知も設定も可能です。もちろん、並びや表示・非表示の選択も出来ます。

大きい画面を活かした独自機能も

Screenshot_2015-12-21-20-20-55

Galaxy Noteシリーズなんかにもありましたが、使えるアプリは限られるものの画面を分割してアプリを同時に2つ使う事やウィンドウでちょっとしたアプリを使う機能(Qスライドアプリ)もあります。

Screenshot_2015-12-21-20-33-53

画面を小さく表示させることも可能です。

ナビゲーションキーは任意のものを設定可能

Screenshot_2015-12-21-20-18-28

LG端末には以前から実装されていたようですが、弄れるのは良いですね。dual simの切り替えボタンや通知バーをおろすボタンを追加できるのもユニークです。

バッテリーも余裕で1日持つ

_DSC9874

一日だけメイン機のように扱いましたが、夜に充電する頃にはまだ30%以上残っていました。使い方にもよるとは思いますが、余程の高負荷を掛け続けるようなことをしない限りは一日は必ず持つとみても良さそうです。

サブ機のような使い方をしている今では2日に1回充電するかどうか、といった感じです。

サブディスプレイも実用的

_DSC9548

パッと見変態だ!となるサブディスプレイですが飾り程度だと思っていたものの触ってみると意外と実用的。

通知もこっちに通知されるので何かゲームをやっていたり動画を見ていたりするときにメインディスプレイに邪魔してこないので良いですね。
稀にメインディスプレイと通知が被ることがあるのでそこの調整と、通知がサブディスプレイに表示されている時間の変更なんかが出来るようになると良いと思います。

もし気に入らなければ常時オフにすることも可能なので心配はいりません。

「LG V10」レビュー (サブディスプレイ編)―使い勝手や使い道を徹底的に紹介
LG V10ですが、分りやすい特徴としてメインディスプレイの上にサブディスプレイが付いており2画面となっています。 開封編に...

別でDACをのせた点がGOOD!

_DSC9495

ハイレゾ対応!!補完技術で高音質に!なんてスマホも多く出てきていますが、再生は出来ても所詮はスマホの音、Snapdragonの音だろうとゲンナリしてしまうようなものばかりでした。

ですが、LGはしっかり別でDACをのせました。それもESS社製のESS9018C2M。

実はこれまでにもDACを別で載せた面白そうなスマホもありましたが、比較的マイナーなメーカーでもあったため、ただのおもちゃで終わってしまわないかと購入が躊躇われたのとその音以外では魅力を感じなかったので購入せず。

マイナーなメーカーではなくLGがこれをやってくれたということに感銘を受けたこともあり、やるやん。となりましたね。この別でDACを載せるというのはハイエンドスマートフォンの標準にもなってほしいものです。そのうえで高音質!と言ってほしい。

「LG V10」レビュー (オーディオ・音質編)―スマホの音じゃない!ESS9018C2M搭載でDSDも再生可能、付属イヤホンはAKGチューン
LGのスマートフォン「LG V10」レビュー 今回はオーディオ・音質編です。 目に見えてわかる面白さではサブディスプ...

写真も動画もマニュアル撮影で楽しく撮れる

_DSC9754

フロントカメラが2つというのも面白い点ですが、メインカメラも良いです。フォーカスも早く、綺麗に撮れます。

マニュアル撮影で遊べるのも楽しいです。かなり細かく調整ができます。そしてこのマニュアル撮影が写真だけでなく動画まで可能になったのもナイスです。また、動画撮影においてはマイクにも拘っており指向性が変更できます。スマホでステレオマイク(左右の音が別々で撮れる)というのにも驚きでした。

「LG V10」レビュー (カメラ編)―デュアルフロントカメラ搭載!写真だけでなく動画のマニュアル撮影も可能に。
LG V10は5メガピクセルのフロントカメラを2つ積んでいるだけではなく、メインカメラはF1.8のレンズを搭載で16メガピクセルと...

基本的な機能性も充実

_DSC9444

しっかりとmicroSDスロットを搭載し、最大2TBまでのmicroSDを使用可能。バッテリーも交換可能です。

指紋認証やNFCも搭載で、Quick Charge 2.0にも対応。

microSDスロット非搭載でバッテリーも交換不可能・・・といったスマホも出てきている中で、しっかりと抑えるべきところを抑えた仕様になっているのではないでしょうか。

iPhone6sがある中でのLG V10の立ち位置

_DSC9890

片手で満足に操作できるギリギリのサイズ感やLINEやメール・予定の管理・メモといったよく使うアプリのUIがiOSの方が好きなこともありiPhone6sがメインで、LG V10はサブ機となっています。

高音質で音楽を聴きながら電子書籍などのコンテンツを消費したり、動画を楽しんだり、Twitterをダラダラ楽しんだりと最高のマルチメディアプレイヤーとして、これまでに無い最高のサブ機だと思っています。

スマートフォンという道具として使いやすく綺麗に纏まっている、悪く言えばガジェット的にそれほど面白くないのはiPhone。面白いLG V10。良い組み合わせです。

もちろん、Nexus6などの大型端末をメイン機として扱い慣れている方にはメイン端末としてオススメできる一台で、あくまで私の中での使い分けの話です。

LG V10がベストバイである理由

_DSC9898

Nexus5の登場から2年も経ったことに驚きですが、Snapdragon800搭載で動作もサクサク、カメラもそんなに悪く無いし最新のAndroidを支えたりとスマホをアプリやネットをする道具だと見ると完璧だと思えました。バッテリー持ちが悪いという意見もありましたが私の使い方だと1日は持っていましたし。

これ以来スマホはある程度は完成してしまったなと思い、道具として使うのであれば、もう何を使ってもあまり変わらないだろうな・・・と興味をそれほど持てなくなっていました。

カメラ性能が上がってる!とかデザインの面でもGalaxy s6 edgeのように魅力的な端末もありましたが、今年購入したiPhone6sと今持っているAndroid端末でいいやとなってしまう程度でこう個人的にですがグッとガジェットとしての面白さで攻めて心を掴んでくるAndroid端末に出会えていなかったのです。

最近だとSnapdragon810がしょっぱ過ぎたせいでフラグシップなのに発熱が~なんて、何年前かよ!と突っ込みたくなるようなものもあり、発熱が無かったとしてもフルでは活かしきれていないなどと性能面での魅力はあまりなかったですし。

そこで登場したのがLG V10でした。LGがスマホの持つ各機能や要素を今ある全てを使い尽くして作り上げたという思いが伝わってくるのに加えて、実用性のある範囲で遊び心も忘れないという一台に仕上がっており、こういうのが出るのを待っていた!とポチらずにはいられませんでした。

価格はそれなりですが、ここまで仕上がっているとむしろ価格以上に感じてきます。低価格帯・ミドルレンジには無い作り込みで、やはり価格だけの価値はあるなという印象です。

まだ出たばかりですが、新型は来年の下半期を予定しているそうで、1年後に出すということだと思われます。

欲しい方は待っていても仕方ないですよ。ガジェットガジェットしていてものすごく楽しさを感じさせてくれたLG V10は間違いなくオススメできる一台。年末最後のIYH、自分へのクリスマスプレゼントとしていかがですか?

Expansys商品リンク

今回参加したベストバイガジェットですが、他の方のベストバイガジェットはこちらからご覧になれます。

スポンサーリンク