32bit整数!と売り出すラブライブのハイレゾ曲を買ってみました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

Snowhalation

CD音源を持っていて、ラブライブのハイレゾ曲は割とアニソンのハイレゾが出始めた頃からあったので、聴き比べ出来るだろうとお試しで最初に買ってみて、あれっ音がCDに比べると良い!というとこから調べだすとそのスペックの違い以前にマスタリング等が違うとなり、”ハイレゾのそのスペック”よりも”マスタリングやミックス”が大事だと学び(個人的にはそう思い)、そこからはハイレゾの方が多少は音が良いこともあるってことからソシャゲのガチャに喩えてガチャ引くぞ!なんて言って買ったりもしてましたが、変わらない・音が悪いまま・寧ろ悪い?なんてことも多く、良い加減ハイレゾを買うことに飽きてきていた私ですが、盛り上がっているのに負けて買ってみました。

このラブライブに関してはCD→ハイレゾだけでも同じ音源を2回も買ってるのにこれで3回目?!しかもやはり高い!!ということで買うかかなり迷いました。ファンなら気になって聴きたい・揃えたいとなりそうですが、同じ音源を3回もリリースするのは、「えっ」て感じでもあります。

今回、何が変わったのかというのはこちら。

CD発売時に制作したマスター音源はProTools|HDを使用し32bit floating/48kHzにて収録からミックスまでを行っております。
今回の配信ではオリジナル音源のミキシングエンジニアの手により、マルチトラックデータを32bit floating/96kHzに変換の後、存在しない周波数帯域に倍音を付加する強引なプロセスは一切行わず、96kHzの解像度やスペックを活かしたバランスに再ミックスし、マスターファイルを新たに作成する「HD REBUILD MASTER」を採用しています。

さらに、今回のリリースではアニソンのハイレゾ配信として初となる32bit整数バージョンを用意いたしました。上記手法で制作した32bit floating/96kHzのマスターファイルに対しフルデジタルでのマスタリング処理を施し32bit整数/96kHzにレンダリング、マスタリング時のイコライザーやコンプ・リミッター24bit(144db)を上回る192dbのダイナミックレンジで処理したマスターを作成、24bitや実効再生解像度が24bit分である32bit floatingの音源を上回るクオリティのなめらかで高い解像度の音源の制作を実現しました。

http://www.e-onkyo.com/music/album/lacm47742/

結構スペック推しな感じですね。

ラブライブはハイレゾで概ね揃えていたのにまた揃える気にもならない(お財布的にも辛い)ので今回はSnow Halation1曲のみ買ってみました。気が向いたら他のも買うかもしれません。

xxkHz/xxbitで音が変わるのかというのはここでは置いておいて、今32bitの再生環境がなかったのと個人的にはあまりそのスペックには興味がなくなってきていたため96kHz/24bitを購入しました。ですので、スペック推しは無視して音作りに絞って聴いています。

波形はあくまで参考程度ですがこんな感じです。

snohires

聴いてみるとCDや48kHz/24bitハイレゾのそれとは明らかに音作りが違うなというのはすぐ分かりました。
よくランティスで言われる”音が悪い”という印象は受けずアニソンの平均を見ると良い部類なのかなと思います。

良い音でもこれまで2回出ていた音源とは変わっているわけですから、それと比べると/比べなくてもそこに好みの差は出てくるのでそこを云々言うのはやめますが、これなら結構良いぞって印象です。
ただ少しだけ籠った(抜けが悪い)印象があり、ここは48kHz/24bitの方が良かったのかなと思いました。
ですが、総合的には今回の96kHz/24bitの方が好みです。より立体感が出て聴こえる音も増えた感じがあります。
これまで聴いていた音・音作りとは違うので新鮮味もあってこう感じている部分もあるかもしれませんが。

μ’s Best Album Best Live! Collection IIでは音が良くなったとは言われていたものの個人的には確かに変わったけどうーんっといった印象だったので、今回の音源は結構良かったと思います。

この96kHz/24bitの方をCD品質まで落として聴いてみたのですが、これでCD音源よりも十分に高音質に感じられますしCDでこれを出してもいいのではないかと思えてきます。これを3発目に出すのではなく、1発目のCDで聴きたいものですね。

何はともあれ今回のハイレゾ「HD REBUILD MASTER」はCD・48kHz/24bitよりも良いと感じたのは確かですから、これを最高に頑張って作りました!というのではなくこれを基準にCDを出してくれれば良いなと強く思いました。

あくまで、個人的な感想ですのでCD盤・24bit/48kHz盤・32bit/96kHz盤を購入して聴き比べしてみることをおすすめします。

μ's Best Album Best Live! Collection II (通常盤)
μ’s
ランティス (2015-05-27)
売り上げランキング: 250

スポンサーリンク