iPhone7 ジェットブラックをケース無しで使う@0日目ーAppleCare+という透明のケースで戦う

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 125

_dsc3910

iPhone7のジェットブラックを購入しました。

発売日に手に入らなかったこともあり、受取までもかなり日数があるということで他のカラーにしてしまおうかと揺れて揺れて仕方無かったのですが、なんとか手に入りました。

その中で悩んでいたのが、ケースを着けるか着けないか。迷います。ほんとに。。。

ジェットブラックなiPhoneにケースは着けるべきなのか?

傷も汚れも付きやすい(?)本体

せっかくジェットブラックを買うのであれば裸で使いたい気持ちも強かったのですが、10万円に近いスマホの中では高価なスマホですし、加えて他のマットカラーよりも傷が付きやすく汚れも目立ちやすいらしい。

実際量販店で数日展示されたあとのジェットブラックのiPhone7を見てみると薄い傷がたくさん入っていました。

しかも今回はAppleが公式に「使用とともに光沢に微細な摩耗が生じる場合があります。磨耗が気になる方は、iPhone用のケースを使って表面を保護することをおすすめします。」と言ってるほど。

カバーを着けてもジェットブラックが生きた感じになるのでは・・・?
とも思いましたが、TwitterでTPUケースとジェットブラックのツヤツヤが合わずに変にくっついて汚くなっている画像も流れてきて。

だったら透明でないケースを着けても良いとは思いましたが、それだとやっぱジェットブラックあえて選んだ意味がない。飽きてきたら着ける分なら良いと思うんですけどね。

うーん。

ケース無しなら画面に保護ガラスフィルムも貼りたくない

_dsc3921

ジェットブラックの美しさ、Appleが「横から見ても、どこまでがアルミニウムで、どこからがガラスなのかわからないでしょう。まさにダークサイドです。」とポエムを言うように、フィルム貼ったら高価な高品質全面保護ガラスだとしても段差が出来て微妙になりそう・・・ということで貼りたくないなと・・・・

うーん。

そうだ、お金を積んで透明のケース、AppleCare+に入れば良いんだ。

AppleCare+という透明のケース

私はAppleCare+に入らない派

AppleCare+の保証内容はざっくり言うと、1年の本体保証が2年に伸びて修理も割安に、2年間電話で何度でもiPhoneの使い方を質問していいよ。というもの。

1年でiPhoneを買い換える私にとって、2年間保証がある意味が無いですし、スマホを落として画面を割ったり壊したりしたこともない。これまでは保護ガラスとケースを着けていたので1年間綺麗なままで使うことが出来ていました。

ですが、今回は画面の修理費が3,400円(税別)に値下げされたりと入っても良いかなという思いにもなりました。

透明ケース、その値段は?

apokea

AppleCare+に加入するための価格は11,800円(税別)。

今回から画面の損傷による修理は3,400円(税別)で合計15,200円(税別)

過失や事故による破損からすぐに新品を送ってもらえるエクスプレス交換サービスは11,800円(税別)で利用できますから合計23,600円(税別)です。

ケース無しで使っていたら1回は壊してしまうだろうという前提で価格を考えるとこんな感じ。入っていたらかなり安心できそうですね。

3,400円で画面交換してもらえるなら高価な保護ガラスよりも安いですし、まあ良いかなと思いました。

壊れやすい中古車を買うときにコレに乗りたいからと、上に修理費が乗っていると考えて買うのと似てるような気がします。

というわけで、何か具体的に書きたい記事でも無かったですが、ジェットブラックを裸で使うつもりの人はAppleCare+に入っていると安心ですよ!ということと、これから私がジェットブラックをケースなしの裸で使っていきその経過をブログで紹介したいと思いますのでよろしくお願いします。ということでした。

次回、使用3日目はこちらから

スポンサーリンク