「LG V10」レビュー (開封・外観編)―2画面・2フロントカメラ搭載で変態仕様のハイエンド機

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

LG V10・LG-H961N(香港モデル)を購入したのでレビュー。今回は、開封・外観編となります。

LG VシリーズはLGがマルチメディア機能に重点を置いた新しいスマートフォンのシリーズで、V10はその第一弾。
パッと見で分かる特徴は独立した2つの画面を搭載し、フロントカメラも2つ搭載。変態仕様です。

開封

_DSC9427真っ白な箱にV10と書かれています。

_DSC9428取り出すと、今度は違う色でV10。ぱかっと開くようになっています。

_DSC9431オープン!開けてまず思ったのは「デカイ。」5.7インチなので大きいとはわかっていたのですが。

_DSC9432左側を開けると、付属品が出てきます。

_DSC9433イヤホンはなんとAKGチューンのものがついてきます。AKGといえば以前このブログで紹介したK702を私は愛用しています。
このスマホ、オーディオにも拘っているんですよね。買う決め手になった部分でもあります。レビューは別記事でしっかりやる予定。

_DSC9434付属品は、

  • micro USB ケーブル
  • USB充電器(日本では使えませんね。)
  • イヤホン/QuadBeat3 Tuned by AKG
  • バッテリー

外観

早速外観を見ていきたいと思います。今回入手したLG V10のカラーはLeather Blackです。

_DSC9506ベゼルも細く、全面ブラックなのですが両サイドの嫌らしさのないゴールドが良い感じに調和しています。

_DSC9512画面をつけるとこんな感じ。ディスプレイにはCorning Gorilla Glass 4を採用しています。

_DSC9509下には控えめにLGのロゴ。ここの質感はNexus5の裏面の質感に似てるかな。

_DSC9507デュアルカメラ。カメラ周りにも拘った機種なのでまた別記事でレビューします。

_DSC9511tomatoと表示されている部分はサブディスプレイになります。

_DSC9444バックパネルを取り外したところ。バッテリー交換が可能なのは出来ないよりは嬉しいですね。

_DSC9445nanoSIMスロットが2つにmicro SDスロットがあります。

_DSC9441パネルを装着して、早速本体。レザー調のバックパネルになっています。

_DSC9443カメラ周り。カメラ下に指紋認証があり、指紋認証の上下が音量キーになっています。

_DSC9468一見、変な位置にあるようですが、握ってみるとちょうど良い場所にあります。指紋認証の精度もTouchID並で全く問題なし。

_DSC9442右下にはV10の印字。

_DSC9499筐体はステンレスとシリコンバンパーを組み合わせていて「MIL-STD-810G Transit Drop Compliant」という米国軍用グレードに準拠。保護性能重視のデザインです。

このステンレスが非常に質感が良く、カッコイイ。メッキで高級感を演出しようとして、ちょっとチープさを出してしまうようなそれとは別次元です。
iPhone6はいつの間にか曲がる事件なんてありましたがこのスマホ、曲げられる人はいなさそう。

_DSC9439両サイドにはボタン類はありません。

_DSC9437上部。マイク用の穴が見られますが、特に何もありません。

_DSC9436下部。スピーカー・micro USB端子・3.5mmヘッドフォンジャックがあります。

LG102今回購入したのはレザー調のモデルでしたが、通常は「DuraSkin」と呼ばれる特殊な耐傷性のある素材が用いられています。

大きいが持ちやすい

_DSC9474GalaxyNote3、LG V10、iPhone6s と並べてみました。

このサイズ故に一番気にしていたのが持ちやすさです。私は男性でかつ平均よりも手が大きめなのもあるかもしれませんが、実際持ってみるとかなり持ちやすい。
持ちやすい、というよりは手にしっかりフィットする・ホールド感があると言った方がいいのかもしれません。

_DSC9476型落ちなのに比較して申し訳ないですが画像のGalaxyNote3よりは圧倒的に持ちやすいです。
何故だろう、と考えてみると両サイドのステンレス部が丸みを帯びていること、程よい重量感、そしてこのステンレス自体が安定感を生み出しているような感じもあります。

日本語対応

DSC9449日本語にもしっかり対応しています。

_DSC9500 copyフォントもモトヤマルベリをはじめ、6種類から選べます。

スペック

  • OS:Android 5.1.1 Lollipop
  • ディスプレイ:5.7インチ(1440 x 2560 pixels-515 ppi)+2.1インチ(160 x 1040 pixels)
  • CPU:Qualcomm Snapdragon 808
  • RAM:4GB
  • ストレージ:64GB
  • 外部メモリ:microSD(最大200GB)
  • メインカメラ:1600万画素
  • インカメラ:500万画素×2
  • サイズ:159.6×79.3×8.6ミリ
  • 重さ:192グラム
  • バッテリー容量:3000mAh

対応バンド

LG-H961Nの場合

4G: FDD (B1)2100/(B3)1800/(B7)2600/(B8)900 MHz

TDD: (B38)2600/(B39)1900/(B40)2300/(B41)2600 MHz

3G: 850/900/1900/2100 MHz

TD-SCDMA: 1900/2000MHz

GSM: 850/900/1800/1900 MHz

日本からの購入

一貫して日本語が使え、決済方法も豊富なExpansysがおすすめ。11月14日現在、全て在庫有りとなっています。

Expansys商品リンク

LG V10 Dual-SIM H961N (SIMフリー 64GB, Space Black)

LG V10 Dual-SIM H961N (SIMフリー 64GB, Luxe White)

LG V10 Dual-SIM H961N (SIMフリー 64GB, Leather Black)

LG V10 Dual-SIM H961N (SIMフリー 64GB, Modern Beige)

LG V10 Dual-SIM H961N (SIMフリー 64GB, Ocean Blue)

日本のバンドにあっているものは、こちらのLG-H961Nの型番のものになりますのでご注意ください。
受け取り時に代引きで5000円程度関税を支払うことになりますので、価格はExpansysの価格と関税代金5000円を足しあわせたくらいで見積もっておけば良いでしょう。


久々にAndroid端末で欲しい!と思ったこの一台。触っててかなり楽しく、動作もサクサク。満足度はかなり高いです。

以下の記事が総評・総まとめとなっていますので、よろしければ併せてご覧ください。

今年のベストバイはLG V10!スマホに「ガジェット的面白さ」を久々感じられた最高の機種
GeekDaysさん企画の、今年一番のガジェットを紹介する!という「今年のベストバイガジェット Advent Calendar 2...
スポンサーリンク