薄い!カッコイイ!ハイレゾ対応ポタアンOPPO HA-2 開封レビュー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 125

発売日に入手して、暫く使い込んだのでレビューしていきたいと思います。

開封

_DSC6666箱です。かっこいい本体が写っていてわくわくしてきます。

_DSC6671中がすっぽり抜けるようになっていて取り出せるようになっています。OPPOとロゴがあります。
箱にもそこそこ高級感があります。
もしかするとガジェット好きの中にはあのスマホのOPPOがポタアンを出したのか~と思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、スマホのOPPOとこちらのOPPOは全く別のメーカーですのでご注意を。創始者が同一人物なのですが、別の会社となっています。

_DSC6674蓋を取ると、本体と充電器があります。美しい・・・

_DSC6677充電器はやや大きめです。大きいのには理由があって上のiPhoneの充電器は最大1A出力なのですがこちらのOPPOの充電器は最大4A出力となっています。

_DSC66854A出力の高速充電は付属の専用ケーブルを使うことで可能。「VOOC」というOPPOのスマホにもついている高速充電機能となります。30分で70%まで充電することが出来ます。

_DSC6679

_DSC6680本体と説明書を取り除くとケーブル類が入っています。

_DSC6682付属品は、
・VOOC高速充電ケーブル(micro USB)
・Lightningケーブル
・micro USBケーブル
・ステレオミニケーブル
・充電器
・バンド×2

となります。高速充電ケーブルは大量の電流を流すだけあってかなり太めです。となりのmicro USBケーブルと比較するとよく分かるかと思います。

_DSC6684ケーブルにも細かくOPPOロゴが印字されております。

多彩な機能と拡張性

_DSC6688まず、

・iPhoneとデジタル接続
・Android/PCとデジタル接続
・アナログ入力

と、ポタアンに欲しい接続方法がすべて揃っていると思います。nano iDSDを例に挙げると、このポタアンはデジタル入力のみです。アナログで受けて増幅させて出力する機能はありません。

これまでポタアン(DAC)とiPhoneを接続する際にはカメラアダプターを間に挟んで繋がなければならなかったのですが(DAC→USBケーブル→カメラアダプター→iPhone)、こちらのDACはライトニングケーブル1本で接続することが可能です。(このようなDACは最近増えつつあるのですが)
PHA-2などもライトニングケーブル1本で接続が可能でしたが、ライトニングケーブルで接続する場合はハイレゾ非対応になっていました。ですが、こちらはハイレゾまでしっかり対応しています。

また、GND分離接続に対応しているのも嬉しいです。GND分離とはプラグを4極にすることでイヤホンのLRのGNDをジャックとプラグの接点よりも奥で交わらせるものですが、3極の時よりも音質が向上しますし、バランス環境に3.5mm 4極プラグを採用してる私なら変換ケーブル無しで接続できてしまうのも大きいです。

ここで例に挙げた他のポタアン(DAC)のように、これまでの製品では機能の面で何かが足りない・惜しいと思うものが多かったのですがHA-2は特に思うことがないですね。

薄くて持ち歩きやすい

_DSC6740HA-2を見てまず思うことは「薄い」ということです。AK10など小型なポタアンはありますが、ここまで薄く完成されているのは珍しい部類だと思います。

重ねるとiPhone6とちょうどピッタリです。3段にしても薄く出来ると思います。

嬉しいモバブ機能

デバイスをUSBで接続している際に、横のボタンを長押することで充電が始まります。
普段はポタアンとして使うのはもちろんですが、いざという時モバブとして機能してくれるのはかなり便利なのではないでしょうか。
DACとして使用しながら充電もできるのでスマホのバッテリーを減らさないように持ち歩くなんて使い方も可能です。
バッテリー容量は3000mAhなので、スマホをほぼ1回フル充電することができます。

音質レビュー

2世代 AKやmicro iDSDなどとは対照的に上品に美しい、繊細というよりは、元気めの音で音の角がガッガッと出ている感じです。低音もキック感が良くて、ボアボア音が悪めのアニソンなどにはこれが効いていい感じに聞こえるものもあります。
フラットで滑らかな感じのRHAのT10やヘッドホンだとAKG K702で聞いた時にはとてもいい印象でした。普段DX90を使用しているのでそのせいもあったのかもしれませんが。

RHA T10だと問題ないのですが、イヤホンによってはホワイトノイズが聞こえるものもあります。曲を流してしまえば分からないと言えば分からないんですが。ここを問題視するかは個人次第ですね。

このOPPO HA-2が発表された時には薄くてカッコイイ。拡張性もOKでハイレゾもバッチリ。GND分離接続(擬似バランス接続)もできて値段もそんなに高くないらしいということで期待があったのですが、音を聞いてもかなり良いのでこの音好みだ!と思った人には非の打ち所がないポタアンではないでしょうか。
大人気で発売直後は暫く入手できない状態が続いていましたが、最近は在庫が落ち着いてきているようです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク