春のヘッドホン祭:ハイブリッドイヤホン聴き漁りレビュー!Oriolus、KL-REF、justear・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 125

今回の春のヘッドホン祭り2015はハイブリッド型のイヤホンがアツかったように思われます。
沢山聞くことが出来たのでそれぞれパッと聴いたファーストインプレッションを書いていきたいと思います。

Oriolus・Oriolus

_DSC7435優しめの音で、自然。見晴らし・抜けのよさはそれほど良くはなかったです。密な感じ?
こう奥の方から音が出てくる感じでした。低域はやや緩め。ぐぅ良い~といった音。

画像ではケーブルがブラックになっていますが、付属のものは銅色の見た目はカッコイイケーブルが付属しています。
ですがそのケーブルかなり臭いのです。具体的にはビニールを火で炙った時のような匂い。ですのでリケーブルされてるようです。

ドライバ構成は非公開。
こちらはユニバーサルイヤホンとなっております。購入後のオプションでカスタム化(リモールド)も可能になる予定だそうです。

Kumitate Lab・KL-REF

_DSC7404視聴したのは低域調整不可能モデル。一番低域は出ないようになった状態です。
BAとDが別々に鳴っているような印象で、言い換えると見通しの良さが不自然といいますか、斜め上だけ開いているような音場に感じました。むむ。

_DSC7407ダイナミックの配置はこのようになっているようです。

ドライバ構成はダイナミック×2 BA×3
ダイナミックが2発ものっているのはおもしろいです。

こちらはカスタムIEMとなります。

Dunu・DN-2000J

_DSC7412

_DSC7414BAのDの繋がりに違和感等は感じなかったのですがOriolusやMaverickと比べてしまうともう一歩二歩といった印象。
ただ私はDN-2000を所有していたことがありましてリングでの音質調整にイヤピの選定でかなり好みの音に近づけることが出来ていたのでなんともですね。
価格と音質が比例するという考え方があまり好きではないので視聴の際には何も考えずに音だけを聞くよう心かけているのですが、思い返してみればDN-2000とOriolus等とは倍近くの価格差があるので納得できるような気もします。

ドライバ構成はダイナミック×1 BA×2

こちらはユニバーサルイヤホンとなります。

Unique Melody・Maverick

Maverick(ユニバーサルイヤホン)はこれまで聞いたことがあったのですがMaverickカスタムが音が異なるというのは知らずに視聴しませんでした。。
参考までにMaverickの感想を書いておきます。

抜け・見晴らしが良くパスッと締まった低域に中域高域と繋がっていきモニター的というよりは楽しい感じ。最高と心の中で言ってしまいました。初めて視聴した時手持ちにお金があれば買ってしまっていたかも。
これよりも良くなっていると言われているマベカスどうなんですかね?気になり過ぎて困ります。

ドライバ構成はダイナミック×1 BA×4

Justear・Model XJE-MH2

_DSC7472JustearにはMH1とMH2の二種類あり、MH1は自分好みの音にカスタムしてもらえるモデルで30万円。
MH2はモニター・リスニング・クラブの三種類があり、この中から好みの音質のものを選ぶようになっています。こちらは20万円。

このJustearの開発をした松尾氏という方ですが、この方はSONYのEX1000等も開発した方でEX1000好きとしてはかなり期待して視聴しました。

ドライバ構成はダイナミック×1 BA×1

聞いた順番にレビューしていきたいと思います。

クラブ

かなり濃いめといいますか低域が出ます。ガツガツくる元気のあるサウンド。ですが抜け・見晴らしは良いです。聞く音楽によっては最高なのかもしれません。

リスニング

こちらは程よく楽しませてくれる音ですね。ここで紹介した中ではMaverickに近いと思います。
マベカスがどう出てきたのかが不明なため比較できないのが惜しいですがMaverickよりも低中域の繋がりがかなり自然でエロイといいますかDな音がなってくれる感じがします。
個人的にはMaverickとであればこちらの方が好みです。

モニター

音のバランスとしてはモニターというだけあってこれが一番EX1000に近いです。EX1000と比較するとモニター感(その音のバランス)はそのままにややエロさを加えた感じ。
Dだと綺麗になっていても繊細さ(解像度感)に欠けると個人的には感じる高域にはBAの繊細な音が加えられています。

長時間視聴する等であれば上の2機種よりもこちらの方が聴き疲れはしにくいのかもしれません。

と、このように実際に聴いてみて感想を挙げてみるとクラブ・リスニング・モニターそれぞれ的確な音質調整だなと感じました。3機種ともに同じDとBAを使用しているそうです。

個人的にはリスニングかモニターが欲しいですね。どちらかというとリスニングが好みです。
リスニングとモニターの中間でも良いかも・・・ってそういえば音質調整モデルがあったのでした。30万円・・・・

カスタムIEMとして調整なしの20万円は私の感覚では正直限界を超えている感もありますがギリギリといった感じ。
30万円パッと見はえっ と思ってしまいそうですが、松尾氏が直接個人のために2時間ほどかけて様々な音質調査をして、また数か月後の製作完了時に2度目の音質調整してくださるというのならプラス10万円の30万円も妥当なのかもしれませんね。

前回の出展時に評判を調べているとかなり酷評も目立っていたのですが、松尾氏曰くは急な出展決定だったためカスタムの実機と視聴機の差が大きかったそうで今回置かれていた視聴機については調整されたようです。
前回の視聴でダメだと思った方ももう一度視聴されてみてはいかがでしょうか?東京ヒヤリングセンターにて視聴可能なそうです。

_DSC7471音導管にばねのようなものが入っていたのでこれも音質調整のため入れているのかと思い尋ねたところ音導管自体が折れてしまわないようにするためのものだそうです。

最後に

聴きこめば感想が変わってくる場合もあると思いますし、イヤピの兼ね合い・カスタム化での変化等もあるとは思いますが、ファーストインプレッションの段階で欲しいと思ったのは

1.Justear
2.Maverickカスタム(保留)
3.Oriolus

です。この3つ揃えたいものです。総額恐ろしいですね。

人の好みはそれぞれです。あくまで参考までに。

Unique Melody MAVERICK UNM-2358
Unique Melody MAVERICK UNM-2358

posted with amazlet at 15.05.19
Unique Melody
売り上げランキング: 840,856

スポンサーリンク