格安SIM U-mobileデータプランをZTE Blade V6で試す!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

先日開封レビューをしたZTE Blade V6ですが、自分にあった格安スマホやSIMを選び、購入できるスマセレクトで端末+SIMを同時購入していたので、そのSIMを挿してみたいと思います。

SIMはスマホとは別で到着

_DSC9858スマセレクトで購入した場合は、スマホとSIM別々で到着するようです。

先に到着していたZTE Blade V6は佐川急便で到着しましたが、SIMはヤマト運輸で届きました。選択するSIMによって運送業者は違うのかもしれません。

今回契約したのはU-mobile ダブルフィックス

_DSC9859筆者は普通にdocomoを契約していて格安SIMはmineoに続きu-mobileで2回線目。

今回は通話は無しのネットだけ使えるデータプランのダブルフィックスというものを選択してみました。

1GBまでの通信量なら680円で1GBを超えると900円というプランです。1GBを超えない場合はU-mobileでは最安のプランとなります。
筆者はサブで使う回線なのでこのプランにしました。

ZTE Blade V6で使う場合はmicroSIMを選択しましょう。

ZTE Blade V6に挿してみる

_DSC9835付属のピンを使ってSIMスロットを取り出します。

_DSC9862

microSIMと書かれた方を表にし、SIMを乗せるのではなく、横からスライドさせるように装着します。

ホットスワップに対応しているようで、SIMを挿し抜きした際に再起動は不要なようです。

APN設定は簡単

MVNOを想定している機種のためか、プリセットが豊富。U-mobileを選択するだけで通信できるようになりました。

Screenshot_2015-12-20-22-11-49まず設定を開き、もっと見るをタップ。

次に、モバイルネットワークをタップします。

Screenshot_2015-12-20-22-12-03

アクセスポイント名をタップし、今回はU-mobileですのでU-mobileを選択します。これで通信できるようになるはずです。

通信速度は?MNO(docomo)との比較

通常契約のdocomo回線(MNO)と、docomo回線を利用したU-mobile(MVNO)を比較してみます。

地域は比較的田舎で夜に測定しました。docomoの方はiPhone6s、U-mobileはBlade V6です。端末が違うのであくまで参考までに。

Screenshot_2015-12-20-22-26-54

左:u-mobile 右:docomo

Screenshot_2015-12-20-22-34-17

左:u-mobile 右:docomo

他にも複数回測定してみましたが、U-mobileは下り1Mbps~2Mbps程度平均して出る印象です。


やはりMNOと比べると遅いようですが、サイトを見たりラインをしたりTwitterをしたりと1日使ってみた感想としては都会では状況は変わってくるかもしれませんが、特に不満なく使うことができました。

格安SIMは種類が増えすぎていてどれを選べばいいか分からない!といった状態ではありますが、このU-mobileも選択肢に入れて良さそうです。

なお、今回購入したのはスマセレクトでしたがこちらのサイトでは自分にあったSIMを探せるようなサービスもあるようですので、そちらを見てみるのも良いかもしれません。

因みに、AmazonなどからSIMだけを購入すれば利用開始月は通信料無料な上に、このSIMには登録事務手数料(通常3,240円)が含まれていますので、普通にU-mobile公式で契約するよりもお得です。(3240円-Amazon価格 お得)

ユーネクスト U-mobile データ専用SIMパッケージ 【microSIM (SMSなし)】 640315

「ZTE Blade V6」レビュー(開封・外観編)―2万円台で買える格安スマホ
スマセレクトさんのキャンペーンでZTE Blade V6を入手したのでレビュー。12月3日発売なので、まだ発売されたばかりのスマホ...
「ZTE Blade V6」レビュー(機能・使用感編)―格安スマホはどれくらい"使える"のか?
開封・外観編に続き、使用感編です。 筆者は格安スマホが初めてなので、他機種と比較してどうのというより、格安スマホの実際の使用...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク