PayPay盛り上がっていますね。いまいち知りたい情報がまとまっていなかったので、わかりやすく簡潔にメモ書きしておきます。

PayPayとは?

Yahoo!とSoftbankが始めたバーコード決済サービスです。アプリを入れて使います。アプリを入れて登録を済ませるだけで500円相当のポイントが貰えます。

どうやって使うの?

PayPay支払い対応のお店で、PayPayで支払いお願いしますと伝えます。

  • PayPayアプリを開いてパーコードを見せて読み込んでもらう。
  • こちら側がお店のバーコードを読み込んで支払い金額を入力し、支払う。

があります。

どこで使えるの?

Yahoo!マネーとYahoo!ウォレットについて理解しよう

Suicaに例えると、ヤフーウォレットはSuicaのカード。その中にチャージされているお金がYahoo!マネーにあたります。

つまり、Yahoo!ウォレットという財布のサービスがあって、その中にYahoo!マネーとしてチャージして使いましょうよ!というサービスです。

PayPayともよく関係しているサービスなのでまず抑えましょう。

ヤフーウォレットにチャージする方法は3つ。

  • 自分の銀行口座を追加してネット上からチャージ
  • コンビニから現金でチャージ
  • ヤフオク!の売上をチャージ

お金はどうするの?

PayPayにチャージして支払う

Yahoo!ウォレットに追加されている銀行口座をPayPayへのチャージにも利用できます。

誤解の多い、クレジットカードはYahoo! JAPANカードのみ。というのはこのPayPayにチャージする場合の話です。

 

Yahoo!マネーで支払う・現金でチャージする

Yahoo!マネーをPayPayとしてバーコードを表示させることができ、それで支払えます。

メリットとしては、VISA/MasterCardのクレジットカードを持っていない・Yahoo!ウォレット対応の銀行口座がない場合にコンビニの現金チャージを利用できる。ヤフオク!の売上金を現金化することなく実生活でそのまま使えるなどが考えられます。

クレジットカードで支払う

VISAおよびMasterCardのクレジットカードを登録し、PayPayのバーコードとして表示させることができ、それでお支払いできます。

有名なブランドの中ではJCBが非対応なので注意です。

支払いの優先順位

つまり、PayPayには、PayPayというアプリの中にPayPayとしてのお金(還元残高含む)、Yahoo!マネーとしてのお金、クレジットカードが混在しているということです。

それぞれのバーコードを選択することで指定の方法で支払いすることも出来ます。

アプリを開いてトップに表示されるバーコードを読み込ませて決済した場合には

PayPay > Yahoo!マネー > クレジットカード

の優先順位で全額決済が行われます。

例えば、2000円のお買い物をしてPayPay残高が500円の場合は、2000円まるまるYahoo!マネーで支払われます。Yahoo!マネーの残高も足りない場合にはまるまるクレジットカードで支払われます。

20%還元を受ける方法

前項で紹介した3つの支払い方法いずれでも20%がPayPayで使えるポイントとして還元されます。

つまり無理にPayPayにチャージする必要はなく、クレジットカードで支払っても良いのです。

むしろ、クレジットカードで支払えばクレジットカードのポイントも付く上に、PayPayでのポイントも付きます。最高。

※100億円分配り終わると終了します。

※還元は月額50,000円相当分まで

上限を10万円相当に 1/10~1/50の確率で全額還元受ける方法

全額還元か、20%還元かどうかは決済したときに結果が表示されます。

確率は以下の通り

  • 一般の方・・・1/40
  • Yahoo!プレミアム会員・・・1/20
  • Softbank・Y!mobile回線利用の方でPayPayと連携させた場合・・・1/10

※100億円分配り終わると終了します。

※20%還元の上限である月額50,000円までとは無関係に当選します。

大きな買い物を連発するつもりでしたらYahoo!プレミアム会員は月額462円(税別)ですので、ちょっとした投資として会員になっておくのもアリかも。

また、格安SIMに興味がある方は、これを機会にネットで簡単に携帯番号そのままでY!mobileに乗り換えてしまうのもありです。

月々1,480円〜(月3GB〜・10分以内無料通話付き) と、お得!

確率を1/10にまで上げて大きな買い物してしまいましょう!

さいごに

運良く全額還元を狙いつつも、確実な20%還元・家電量販店で付くポイント10%程度・クレジットカードのポイント数%を同時に受け取ってお得に買えるうちに欲しいものを買っちゃいましょう。

中国では盛んなバーコード決済ですが、ApplePayなどを含めたキャッシュレス化はそこまで日本では流行っていせん。この流行らない障壁は、ココで紹介したような概念理解の難しさという側面もあると思います。

お金が貰える!とチャレンジする人が増えれば、そのメリットの気付いて日本でも流行るのかもしれませんね。

実際にファミリーマートで支払ってみたときに店員さんから色々質問を受けましたし、SNSを見ても全額還元を受けた人のツイートの影響を受けてまた大きな買い物をする人が、という連鎖も起きているように見えます。

お金を配るって凄いなと感じたうっかりOsmo Pocketを買ってしまったTomatoでした。

 

本体価格44,901円でしたが、ポイント分を引けば実質30,961円で購入できました。もし、全額還元が当選していれば無料で商品も手に入って家電量販店のポイントは頂けるという事態に・・・








本は、聴こう。

Audible

読書中に両手が自由に使える最高さ。
移動や画面を見たくない寝る前などに。Amazonが展開する耳で読書のサービスです。