「なにかモノを使いたい!」そんなときは「買う」のが一般的ですが、「限られた期間だけ使いたい」・「気になるから試しに使ってみたい」そんなときには家電レンタルサービスを使うと便利・・・とはならず、そんなサービスあったのか!という筆者。

今回は、レンタマ様より紹介依頼を頂き、実際に初めてこういったサービスを利用してみましたのでレポートします。

レンタマを実際に使ってみた

レンタマのサイトはこんな感じ

ミラーレス一眼から、インスタグラマーにも人気のGoPro、ロボット掃除機にドローンまで様々な家電をレンタルできます。

レンタル手続きをする

今回は、宇佐神宮までドライブに行くぞ!!ということで、いままで気になってたけど買わずにいたガジェットを借りてみることに。

普段ブログ用の画像の撮影なんかにはミラーレス一眼を使っている私ですが、以前から気になっていた高級コンパクトデジタルカメラ「SONY RX100M3」、また、スマホで動画をヌルヌル撮れてしまうスマホ用のジンバル「osmo mobile」をチョイス。

借りたいページを開いて、利用区間を選択します。

配送先住所など入力して進んでいけば、決済ページが出てくるので決済します。

現時点ではクレジットカードのみで対応のブランドはVISAとMasterCardとなっています。

アマゾンなんかでモノを買うときのような手順で手軽にオーダー出来ました。複数の製品をレンタルする場合は個別にオーダーする必要があったのでそこは同時にできるとなお良いと感じました。

到着日当日

ピンポーン~♪

しっかり指定日の午前中に到着しました。

開封すると注文していたカメラとジンバルが入っています。

カメラにはSDカードも付属しており、自分でSDカードを用意することなく使い始めることができました。

レンタルした製品以外には、返却用のクロネコヤマトの伝票、ご利用マニュアル、製品にはこの付属品が付いているよ!という返却時に役に立つ紙が入っています。

ご利用マニュアルはこんな感じ。

実際に製品を使う

宇佐神宮行ってきました。

osmo mobile想像以上に良いです。多少の慣れは必要ですが手首の動きに追従してヌルヌルとスマホが動いてくれます。スマホでお手軽PV撮影そんな感じ。RX100M3も夜間だと流石に辛いですが、なかなか面白いカメラでした。

返却

返却は送ってきたときの付属品を確認して、ダンボールに入れて来たときと同じように元通りにすればOK。

クロネコヤマトの記入済みの送り状も送付されているので、箱に貼ってコンビニから送るだけ。住所などを記入する手間もないため非常に楽でした。

返却期限の夕方あたりに、返却は今日中ですよ!といったメールも届きました。

まとめ

レンタマで注文→使う→コンビニで返却 のスムーズな流れでレンタルすることが出来ました。

もちろんコンビニで返却でなくてもお家まで集荷しに来てもらっても良いですし、手間があまりかかりません。

普段、一眼レフは持ってないし使ったことがないけれど、娘の運動会や発表会・近親者の結婚式など綺麗に思い出を残したい!そんなときにレンタマは使えそうです。
レンタル料が若干高いかな、という印象を受けたもののレンタマ様の製品の整備の手間などを考えれば妥当なのかなと感じました。

う〜ん。osmo mobile使ってみてしまうと欲しくなりますね・・・スマホ用ジンバル、何かほしい。

 

 

 








本は、聴こう。

Audible

読書中に両手が自由に使える最高さ。
移動や画面を見たくない寝る前などに。Amazonが展開する耳で読書のサービスです。