Softbankから格安SIMに乗り換えようとしていた筆者

Softbankなどのキャリアから電話番号を変えずに転出するには「MNP予約番号」を発行する必要があります。その番号を乗り換え先に知らせることで連携が取れる、そんなイメージ。

ソフトバンクでは、発行するには電話またはネット(MySoftbank)からとなっていますが、今回一度電話から発行しようとしましたが、もう少し考え直そうということでやめました。

そして、考え直してもやっぱり乗り換えようということで、ネットから発行することにしました。予約番号を取得するためのリンクは下記に掲載します。サイトの下の方までスクロールしないとそのボタンは出てきません。

予約番号を早速発行!

ブログ記事にするつもりはなかったので画像はありませんが、手続きに進むボタンを押すと一万円ポイントあげるよ(ソフトバンクでの機種変更時の端末代金にしか使えない)など、引き止めてきましたが、無視して発行しました。

UQモバイルに乗り換えようと思っているとお電話が!!

乗り換え先の候補にY!mobileではなく、「「その他」」を選択したためか、UQモバイルのホームページを眺めていると突然電話がかかってきました。

内容は、UQモバイルではなくて、Y!mobileにしませんか?という提案でした。Y!mobileにするなら以下のキャンペーンを適用しますとのこと。

  • 最大1万円割引(毎月の支払料金から値引き。超過分は翌月以降値引き。)
  • ソフトバンクでのMNP転出手数料(3,240円)無料
  • Y!mobileでの事務手数料無料(3,240円)無料

引き受けるのであれば、一旦MNP予約番号は取り消す必要があり、詳細は電話番号宛に送信しますとのことでした。

予約番号を取り消してもまた再度ネットからすぐに予約番号を発行することは可能とのことでしたので、一度送信してもらうことに。

UQモバイルかY!mobileかを検討する

そもそも契約しようとしていたUQモバイルは、Amazonで350円で売っているウェルカムパッケージというのを用いて、1万円キャッシュバックとUQモバイルでの事務手数料無料で契約しようとしていました。

つまり、このキャンペーンでY!mobileにすることでお得になるのはソフトバンクでのMNP転出手数料(3,240円)無料になるという点のみです。

 

これがUQモバイルのプランのページですが、データ容量9GBにするとして、1台で使うなら2,980円です。いやらしい書き方していますが、その価格の※1を見るとこの価格は1年目の価格であり、14ヶ月目以降は割引がなくなり+1,000円かかります。

続いてY!mobile、データ容量を9GBにするとして、こちらも1台で使うのであれば2,980円です。こちらも12ヶ月目以降+1,000円かかります。

このように、両者そんなに変わらないのですが、着目したいのは無料通話時間です。UQモバイルは1回5分まで無料ですが、Y!mobileは1回10分まで無料です。また、余ったデータ容量をUQモバイルは翌月に繰り越せますが、Y!mobileは繰り越せません。

中身ソフトバンクなY!mobileならソフトバンクから個人情報を流せるので、登録が楽というメリットもあります。

結局Y!mobileに申し込みをしました。

通信の質に差はあるかもしれませんが、結局Y!mobileに申し込みをしました。電話にしてやられた感がありますが、検討してみて良かったです。

特に両者に月額の金銭的な差はありませんが、無料通話時間が10分まであるということと、ソフトバンクでのMNP転出手数料分である3,240円やすいからと言う理由です。

格安SIM(MNP)は、知識があれば安く出来るんだ!と言われることもありますし思ったこともありますが、キャンペーンまみれで調べるのが面倒くさく、広告ゴテゴテのブログ記事から質の良い内容を見つけ出すのもかなり消耗します。ある程度料金を抑えられたプランになっているのであれば、もう現状維持で行こうかなと筆者は考えています。

詳細は、以下のリンクより

関連動画


ブログもYoutubeも綺麗に作ろうとすると動き始めるのにパワーが必要で、書き始めるまでに至らず更新を止めてしまっているTomatoです。アウトプットしたい気持ちはあるので、今後は方針を変えてこんな感じでラフに書いていこうかなと思ってます。