【Zoom/Adobe Premiereなど】MacでAirPods Proの音質が著しく悪い時の対処法

MacでAirPodsやAirPods Proを使用している際に著しく音質が低下し、困った経験はないでしょうか?

私の場合は、AirPods Proを使用して動画編集をしようとAdobe Premiere Proを立ち上げたときや、Zoom使用中などに発生しました。

この原因と、解決策を紹介します。

原因:Bluetoothのモードが切り替わるから

音質が悪化する原因は、Bluetoothの高音質でオーディオを聴くためのモードと、マイクで聴く/話すを両立させるモードのうち、後者のマイクで聴く/話すを両立させるモードに切り替わることが原因です。-apple

マイクで聴く/話すを両立させるモードでは、人の音声に最適化されているため、通話している際には音質の悪化をそれほど感じられませんが、人の音声以外の音を再生すると著しく音質が悪いことに気づいてしまいます。

解決策:アプリの環境設定でAirPodsとは他のマイクを選択する

AirPodsのマイクを使用するのをやめて、Macの内蔵のマイクや他に接続している外部マイクを使用することで音質を改善できます。

マイクを使用するアプリケーションが開いていると自動的にマイクで聴く/話すを両立させるモードへ切り替わるため、どのアプリケーションがマイクを使用するアプリケーションであるかを把握する必要があります。

ここでは、マイクで聴く/話すを両立させるモードへ変更させてしまうアプリケーションとして、ZoomとAdobe Premiere Proにおける設定変更例を紹介します。

設定方法の具体例1:Zoom

Zoom.usから設定を開きます。

設定の「オーディオ」の項目を選択し、Microphoneの項目を「AirPods (Pro)」から、使用する他のマイクを選択します。

今回は、Mac内蔵のマイクを選択しました。

こうすることで、一度無音になった後に、クリアな音声に変わり、セミナーや授業を受ける時など、より良い音質で発表を聞くことができます。

「Speaker」の設定はAirPods (Pro)となっているように、音声はAirPods (Pro)で聞くことができます。

ただし、マイクはAirPodsを使用していないので席を立って会話を続ける場合などには注意が必要です。

設定方法の具体例2:Adobe Premiere Pro CC

Premiere Pro→環境設定→オーディオハードウェアを選択します。

デフォルト入力をAirPods (Pro)からその他のマイクに変更します。

このようにすることで、Premiere Proへのマイク入力は別のマイクを使用しつつ、クリアな音質でAirPods (Pro)を使用した動画編集が可能です。