端末代1円・1年間通信費無料のRakuten mini + UN-LIMITの特徴とデメリット、実際に契約して分かった注意点のまとめ

Rakuten mini + Rakuten UN-LIMITを購入・契約しました。

本記事では、今回のキャンペーンの魅力と、メリット・デメリット、契約の際の注意点についてご紹介します。

実際の契約の流れについては、記事の最後に記載しております。注意点もあるため、1度目を通して契約することをおすすめします。

2020年5月、記事執筆時の情報であることにご注意ください。

なぜ話題なのか?ざっくりまとめると・・・

docomo・KDDI(au)・softbankのように、自社で通信回線を持つMNO事業への参入を開始している「楽天モバイル」が唯一提供する無制限にデータ通信を行えるプランがRakuten UN-LIMITプランです。

このRakuten UN-LIMITプランは、月額2,980円のところ、300万名を対象に一年間無料とするキャンペーンを行っています。このため、1年間、無料で利用できます。(人数に関して上下の可能性あり)

また、スマートフォンであるRakuten miniについては、税別17,000円のところ、1円となるキャンペーンがスタートしました。(2020年6月17日(水)8:59まで)

また、契約の際に事務手数料 税込3,300円が掛かりますが、オンライン契約を行うことで3,300円分のポイント還元のキャンペーンを行っており、実質無料となっています。

また、店舗ではなくオンライン契約を行い、通話が無料になるアプリ「Rakuten Link」の利用登録およびSMS認証が完了すると、後日3000ポイント貰えます。

つまり、事務手数料は実質無料で、端末は1円で手に入り、通信回線も1年間無料で使え3000ポイントもらえるというわけです。

また、最低利用期間や契約解除料が無いのも嬉しい特徴です。つまり、縛りがなく、他社への乗り換えや解約も気軽に行えます。(他社への乗り換えの場合、転出手数料はかかります。)

今回のRakuten Mini本体代が1円キャンペーンの背景には、「既存のMVNOユーザーから、『端末さえ手に入れば乗り換えたい』という声をいただいていた」と説明しているようです[1]。

次で説明する、キャンペーンの対象者であれば、契約しておいて損はない内容となっています。

Rakuten Mini本体代が1円キャンペーンの対象者

以下の条件を満たせばOKです。

  • 「Rakuten UN-LIMIT」を以下いずれかの方法でお申し込み、Rakuten Miniを購入することで適用されます。

    「Rakuten UN-LIMIT」に新規お申し込み
    「Rakuten UN-LIMIT」に他社から乗り換え(MNP)でお申し込み
    「Rakuten UN-LIMIT」に楽天モバイル(ドコモ回線・au回線)の料金プランから移行お申し込み

2020年5月31日追記

以前は、「【Rakuten UN-LIMITお申し込みキャンペーン】プラン料金1年間無料の特典対象者」という条件も含まれておりましたが、無くなったようです。

つまり、Rakuten Mini本体代が1円キャンペーンを受けたことがなければ2回線目でも1円で購入可能になったようです。ただし、この場合新規事務手数料や月額料金が別途発生します。

Rakuten mini + Rakuten UN-LIMITについて

Rakuten miniの特徴

  • 3.6インチの超小型ボディ
  • ディスプレイはHD解像度(720×1280ピクセル)
  • 79gの超軽量
  • モバイルFelica搭載、モバイルSuicaなどが使える。
  • 内蔵ストレージは32GB
  • 外部ストレージスロット(micro SDなど)非搭載
  • バッテリー容量1250mAh
  • カラーバリエーションは、ナイトブラック/クールホワイト/クリムゾンレッドの三色

と、カードよりも少し大きなサイズ感の個性的な端末となっています。フレームが金属製になっており、安価なスマートフォンとしてはある程度質感も良いようです。

また、スマホの性能指標の1つとなる、AnTuTuのベンチマークスコアは9.5万点程度出るようです。

スマホがWi-Fiルーターとして使用できるテザリング機能においては、2.4GHzと5GHzも切り替えが可能など、Wi-Fiルーターとしても実用的なようです[2]。

モバイルFelica搭載Androidとして史上最小・最軽量を謳っており、大きな特徴となっています。小型な携帯端末でSuicaなどの電子マネーの使用ができるのは嬉しいですね。

Rakuten UN-LIMITの特徴

  • 月額2,980円が1年間無料。
    ※300万人を対象にお一人様1回線の1度のみ
  • 楽天回線エリアでデータ使い放題
  • 楽天回線エリア外では毎月5GBまで使用可能(超過後は最大1Mbps)
  • オプション加入なしで電話かけ放題(海外から国内への通話も含む)
    ※Rakuten Linkアプリを使用しての通話する必要があります
  • オプション加入なしでSMSの送受信が無料
  • 最低利用期間・契約解除料なし
  • 海外でも2GBまで使用可能

月額2,980円が1年間無料であるのが魅力的であるのはもちろん、追加料金なしで海外でも2GBまで使用できるのは嬉しいです。(2GBを超えると低速通信になります)[3]。

楽天モバイルが提供する通信エリアでは無制限で使えるため、エリア内にお住まいの方はよりアドバンテージを受けられます。

Rakuten mini + UN-LIMITのデメリット

デメリット1:スマホを変更する場合3,300円かかる

使うスマートフォンをRakuten miniから変更する場合、3,300円必要となることが1つ目のデメリットです。

Rakuten miniはeSIMを採用しています。eSIMとは、スマートフォンに物理的なSIMカードを挿入することなく、電子的に端末内に取り込まれるSIMカードです。SIMカードとは、スマホと利用者を紐付けるための固有IDが記録されているチップです。

よって、Rakuten UN-LIMITプランを契約するとき、物理的なSIMカードかeSIMかを選択する際には、eSIMを選択しなければなりません。

物理的なSIMカードである場合、SIMカードを取り外し、他の端末に挿入し、設定を行うだけで使用することができます。

しかし、eSIMの場合は、eSIM対応スマートフォン(iPhone 11など)へSIMカードを登録し直す際に、手数料3,300円が掛かります。

また、eSIMから物理SIMカードへ変更してもらう場合にも3,300円が必要となります。

つまり、スマートフォンRakuten mini以外で、1年間無料で使える回線の恩恵だけを受けたい場合に、3,300円の費用が掛かります[5]。

デメリット2:データ使い放題のエリアが狭い

北海道、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、愛知県、三重県、京都府、大阪府、兵庫県、沖縄県においては楽天モバイルが提供する通信エリアがありますが、その他の地域ではエリア外となります[4]。

このため、エリア内に住む人は、無制限で通信を行えるメリットが受けられますが、エリア外に住む人は月5GBまでの制限を受けます。

デメリット3:ご家族・ご友人紹介ボーナスポイントはもらえない

楽天モバイルでは、紹介者に3000ポイントプレゼント、紹介された方2000ポイントプレゼントのキャンペーンも行っています。

しかし、Rakuten mini 本体代が1円キャンペーンを利用する場合、紹介ボーナスのキャンペーンとの併用はできません。

実際に契約してみた:製品保証の自動加入に注意!

筆者自身、契約してみましたので、注意点や気になった点を踏まえながら契約の流れをご紹介いたします。

筆者は、新規契約を行います。

楽天モバイルのホームページに行き、申し込みのページへ進みます。

プランは1つしかないため、どのバナーから契約ページへ進んでも、以下のような表示になるはずです。

Rakuten UN-LIMITプランを選択します。

選択後、画像右下の製品一覧をクリックすることでRakuten miniもカートに追加することができます。

Rakuten miniを選択すると、画像のようなページが表示されます。好きな色を選択しましょう。

続いて、一括払い17,000円を選択します。Rakuten miniの価格が表示されておりますが、カートに追加することで、割引が入り、キャンペーン価格の1円が適用されます。

「購入する」をクリックします。

当記事でも紹介したように、eSIMのみの対応であることが表示されます。

「次に進む」をクリックします。

製品保証の加入とアクセサリーの追加購入を選択できます。

自動的に月額制の製品保証に加入するようチェックが入っているため注意が必要です。

不要な場合は、「選択済み」をクリックし、解除しましょう。

「この内容で申し込む」をクリックします。

すると、本人確認書類のアップロードや住所の確認、支払い方法などを求められるので、入力します。

最後の確認画面が上記のようになります。割引が効いていることや、製品保証の有無などを確認し、次に進みましょう。

最後に

解約にお金も掛からず、1年以内に解約しても全く損しないため、とりあえず契約しておいても良いなと判断し契約しました。

もし、気にいれば継続も考えています。

筆者はエリア外に住んでいるため、無制限の恩恵を受けられないのが残念ですが、まずはWi-Fiルーターとしての使用を考えています。



参考サイト様

[1]ITmedia NEWS "楽天モバイル、スマホ「Rakuten Mini」を1円で販売 容量無制限回線の1年間無料も継続中 “バラマキ”キャンペーンに踏み切った理由"

[2]GADGET SHOT "「Rakuten Mini」レビュー。僅か79gでFeliCa搭載、eSIM専用の超小型スマホ"

[3]Soldi "楽天モバイル新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT」について徹底解説!"

[4]Rakuten mobile "楽天回線エリア"

[5]でんきじかけのいえ "楽天モバイルの「Rakuten Mini」が1円、スマートフォンが1円で回線も使い放題で1年無料、とりあえず申し込んでおく人へ注意"