2017年のベストバイガジェットはiPhone X。今年お気に入りの相棒たちも紹介!




GeekDaysさんが2015年から行っている、「今年のベストバイガジェット」ですが、毎年参加頂いており、今年も参加させていただきます!

なんと今年は当ブログCuriousBoxが一番目です!!募集を見たら既に中途半端な日しか空いていなかったのでいっその事初日してみました。

さて、当ブログのベストバイガジェットですが、、、

iPhone Xです!

レビューはこのブログには書いていないのですがYoutubeでレビューをしたのでぜひ見てみてください。

色々と悩んだのですが、やはり日々の生活に不可欠かつ使いながら良いと一番思えるのはiPhone Xでした。

iPhoneシリーズを振り返れば、本当にスマホの基本性能を地道に底上げしてXになってんだなと思わせる、道具として良いものに仕上がったなと感じます。

まず特徴的なスクリーンですがHDR 10・Dolby Vision対応の映画なんかを再生すると本当に息を飲むような綺麗さで、ガジェットに興味がない誰に見せてもヤバイ!と感想が出てきます。

加えてiOSで画面を広く使えるのも新鮮で嬉しいです。ノッチがあるもののしっかり気にならないようにOSレベルで作り込まれているのもiPhoneならではですね。

スピーカーもiPhone 7比で非常にパワフルになり、低音まで音もなかなか綺麗に出ます。

カメラも綺麗。動画も4K60fpsで撮れたりFHD 240fpsで撮れるのは凄い。

その他基本とも言える細かいところも良くて、バイブもただ単に振動するだけでなく、操作中にコクンとフィードバックがくるTaptic Engineになったし、画面を深く押し込める「3D touch」により文字入力のカーソル移動などもスムーズだし、GPSの精度やBluetooth接続安定性が微妙ということもないし、通信の面も問題ないし、Apple Payも付いたし、Qiついたし、耐水ついたし、、奇抜な機能を付けること無く、とにかくスマホとしての基本性能を上げに上げてここまで来たのかな・・・と思わせるスマートフォンでした。

これまでジョブズの時代から続いてきたホームボタンを廃止して操作法を大きく変えるなど、これまでに囚われない点も見られたりして面白かったです。

Face IDに関しては多汗症気味の私にとってはTouch IDより良いもので、iPhone使用中に認証を求められる際にTouch IDだと親指の移動が必要だったのが画面を見ているだけで良いという優位点も見られました。マスクしていると使えない論争は、Touch IDも手袋していると使えないのでどっちもどっちです。

 

以上です。

 

 

と、

これだけではつまらないので、今年買ったものにとどまらず、日常生活の道具として溶け込んでいるガジェットやコモノを紹介したいと思います。

当ブログ(私)は、ガジェットがオモチャで留まっているのではなく、道具としてどうなのか?と、使い勝手まで含めて良いものであるかを見ているので、道具として気に入ったガジェットを「今年のお気に入りのガジェット」として紹介します。

今年お気に入りのガジェットなど

Apple AirPods

数年前はアンプを多段構成してカスタムIEMまで作って音楽を聴いていたにも関わらず、その圧倒的快適性から、今や手放すことは出来なくなったイヤホンです。

聞き始めるまで・聞き終わったあとの圧倒的早さ、一週間に一回充電したかな?くらいのバッテリーライフ、Appleデバイス側からイヤホンを呼び出せるのがたまりません。

遮音性が無いのはデメリットに捉えられがちですが、外の音が聞こえることこそがメリットでもあり、高速バスや電車などでは辛いと感じる事がある反面、街中を音楽を聞きながら安全に歩く・コンビニなんかのちょっとした買い物でも会話ができる、そういったとても良いイヤホンです。

登場から多くのフルワイヤレスイヤホンが出ていますが、いまだにAirPodsを機能性・快適性の面で超えたものを見たことが無いです。

 

B&O Beoplay e8

当ブログでも推していたBluetoothイヤホンBeoplay h5に続くB&OからのフルワイヤレスイヤホンBeoplay e8です。

AirPodsと比較すると劣る面もあるものの、イヤホンだけで音量調整が出来るなど優位な点もあります。

さらに、NFMI対応で左右が途切れることもなく、遮音性も高く、音質も私好みでとても良い。左耳をワンタップでオンになる「transparency mode」機能を使えば、外音を取り込んでくれるのでレジでのちょっとした会話や電車のアナウンスなどにもイヤホンを外すこと無く対応できました。

という訳で基本的な使い勝手も使っていきたいと思えるレベルに仕上がっており、フルワイヤレスイヤホンの中ではおすすめできる部類だと思います。

パッと今日の一日を考えた時に遮音性が欲しかったらe8、外の音が聞こえて欲しかったらAirPodsを持ち出しています。

B&O Beoplay E8レビュー。NFMI対応で途切れ無し、音質・遮音性重視なら買い

2017.12.07

Anker PowerCore Fusion 5000

これはコンセントに直接接続できるモバイルバッテリーです。

コンセントに接続すれば通常のUSB充電器として使えて、更に内蔵のモバイルバッテリーも充電されます。

コンセントがない時は普通のモバイルバッテリーとして使えるというわけ。

重量こそややありますが、カフェや高速バスにあるコンセントに接続して、バッテリー残量をフルで維持or充電しながらスマホも充電できるという優れもの。2ポート2AあるのでiPadも充電できて重宝します。

特に旅行の時なんかコレ1個で省スペースでとても良い感じ。モバイルバッテリーなんかたくさん持ってるよ!なんて方にも買って欲しいモバイルバッテリーです。

 

Apple Apple Watch

最近はアルバイトの都合で着けられないことも多く、外すのが面倒くさいので付ける頻度自体は落ちているのですが、時計として腕に付けるのであれば現代の機械式時計と言いますか、ハイテクが腕に詰まっているのが気に入っています。

未だに初代を使っており、次の予定を確認・通知の確認などスマートウォッチでやりたかったことは出来ているので特に不満があるわけでも無いのですが、Apple Pay対応・Cellularモデルの登場から乗り換えたい思いは出てきています。

ただし、買うのであればガジェットとしての寿命を迎えるまで使い続けたいなという思いから、なかなか買えずにいます。そろそろ38mmの大きさで画面が大きくなってくれませんかね?

【長期レビュー】AppleWatchを「売る人」と「使い続ける人」その差はどこにあるのか?そもそも何が便利なのか?

2015.12.12

iPhoneケース「RAKUNI」

iPhoneケースのRAKUNI。スマホに普段絶対使うカード類とお札1枚を仕込んでおけます。

これとApple Payとのコンボで完全に財布を持ち歩くこと無くお出かけできるようになり物凄く便利。

iPhone X用は無いものの、出たとしてもiPhone Xは裸運用を貫くつもりなので迷います。

カッコよくてカードもそこそこ入る多機能なキーケースを探し中。

 

Amazon Fire TV Stick

Chrome Castとは思想が異なり、中でアプリが動くのに加えてリモコンでサクサクコントロールできるのが好印象でした。価格の割にとても使えるので、テレビがあるなら挿しておいて欲しいガジェットです。

また、Apple使いであればAirPlayで画面をミラーリングできる点も良いです。

 

SONY NEX 5R

動画を作るときもブログの写真を撮るときも旅行のお供にもずっとNEX 5R。アメリカでナイアガラの滝にぶっこんだこともありましたが、壊れずに使い続けることができています。

ガジェットオタクは持っているガジェットの入れ替わりが激しく、何年も使い続けているガジェットがコレくらいでただならぬ愛着がわいています。不満が無いわけではありませんが・・・

そろそろ新しいカメラが欲しいとは思うものの、カメラ自体に対する興味が薄いので、何かコンパクトかつズームレンズ込みでオススメがあったら教えてください。

Nintendo Switch

持ち運べるガジェットなのですが、全く持ち運んでません。

ですが、Splatoonは楽しいです。まだちょこちょこやっています。

任天堂らしいハード遊び心のあるハード作りをしつつも、今回はなかなかのハイテク仕様になっているので所有欲があります。

やろうと思えばスマホのような機能を持たせられるはずのSwitchですが、動画録画機能も備え、SNSへの投稿は出来るのに、インターネットは見れないなどと機能を絞りスマホとの役割分担を明確にしているところが好きです。

 

今年の頑張って欲しかったガジェット

SONY WF-1000X

結構期待していたのですが、左右が途切れやすいし、個人的には音質もそこそこ、ノイズキャンセリングもノイズを若干減らす程度かな?というものでした。

NFMIを搭載して左右の途切れを無くし、ノイズキャンセリングもWI-1000X並を実現することは厳しいですかね・・・これが出来れば現状出ているフルワイヤレスイヤホンの中でも最強クラスのものになると思います。

ノイキャンが同様に強いBoseもフルワイヤレスイヤホンにはノイズキャンセリングを付けることが出来ていないのでソニーさん良いものを是非!

 

SONY WI-1000X

実際に購入してたまにつかっていますが、ネックバンドとしての不便さはノイズキャンセリングが強いからと覚悟して購入してみたもののその他の細かい配慮がもう少し欲しかったなと感じました。

ノイキャンも効きますし、外音取り込みのアンビエントサウンドはしっかりバイノーラルに取り込めていたりなど技術的には凄いBluetoothイヤホンだと思いますが、近年多く出ている快適なBluetoothイヤホンを知っているとネックバンドな点を除いても、もうちょっとなんとかならなかったの?と思ってしまう点もあり、持ち出す頻度が落ちています。

 

 

“詳しいレビューは近日公開予定”

今後見守りたいスマートスピーカー

今年はLINE Clova、Google Home、Amazon Echoと日本でもようやくスマートスピーカーが出てきました。

私は、Google Home mimiとAmazon Echoを購入しましたが、両者ともに音楽を再生していても「ねぇ、Google」「Alexa」でボソッと呼ぶと反応してくれるあたりは感心。ハードとしての完成度はかなり高いと感じました。

しかし、ソフト面はもう一歩欲しいといった印象は捨てきれません。

Google HomeだとChrome castの操作が出来たり、Google Play Music・Spotifyの再生が可能。AlexaだとAmazonの注文が出来る、スキルの追加(スマホアプリによる機能追加)でそこそこ自由度がある、Amazon musicの再生ができる(Spotifyは不可)など、やりたいことや得意分野が同じスマートスピーカーで分裂しているのが気持ち悪いです。

メーカーが自社のサービスを使わせたいというのはもちろん分かりますが、自社サービスを除いてもまだそれぞれのスピーカーでこれが得意これが苦手・出来る出来ないが分かれているので切磋琢磨して良いものになっていけばと思います。

ワーストバイというか買う必要も無かったガジェット

ふとワーストバイ何かないかと考えてたら引き出しにAmazon Dash Buttonが眠っているのを思い出しました。そもそも開けてない・・・

欲しいけど買えなかったガジェット

今年欲しかったけど買えなかったガジェットは以下のAmazonのほしいものリストに入れました。

みっちりレビューするので気が向いたらクリスマスプレゼント送ってくださいね!(直球)

以上CuriousBoxの今年のベストバイガジェット及び今年のまとめでした!

12/1ということもあり、まだレビューを書けていないガジェットもあるので、サイトはちょこちょこ覗いていただけると嬉しいです!

そういえば、今年は当ブログのデザインをリニューアルしたのと、HTTPSの対応もしたんですよ!どうでしょうか?!

 

明日は、いつも寒いギャグでTLを凍らせるプロフェッショナルのぽかり(@pkr_4)さんです。楽しみですね。