初代AirPodsが登場する前から筆者はフルワイヤレスイヤホンの重要性は音質だけではなく、ケースやペアリング周りの使用感だと訴えてきました。

具体的には、

  • 「ケースから取り出して電源オン→即ペアリングである」
  • 「イヤホンの左右同士の接続自体に一手間要らないか」
  • 「ケースを含めたバッテリーライフが長いかどうか、イヤホンの充電時間が短いか」
  • 「ケースが小型であるか」→すぐにイヤホンを仕舞えるようポケットに入るサイズが好ましい

などが挙げられますが、これらが不足していると、たとえ音質が良くても日々の一回一回使用にストレスを感じてしまいます。

今回、スウェーデンのオーディオブランドsudio様より、Tolvというイヤホンをレビュー用にご提供頂きました。

前機種のnivaに比べて私の思う不快要素が全て解消されていましたのでご紹介したいと思います。

開封

コンパクトな箱に入っています。

開封するとこんな感じ。

開封した時に製品を手にした喜びを感じられるシンプルな梱包。下部のACCESSORIESの箱の中に付属品が入っています。

付属品は、

  • micro USBケーブル
  • 交換用イヤーピース
  • 取扱説明書

です。

Tolvの外観をチェック。nivaよりもケースの高級感が大幅進化!

前機種nivaでは、ケースがプラスチックで安っぽさを感じていました。

しかし、今回のTolvは違います。ケース全体がすべすべとしたゴム素材で覆われており、質感もバッチリ。そこから太い革紐が伸びており、オシャレです。

ケースの開閉時にも、マグネットでしっかりとパチ・パチとしっかり開閉するため、チープさは全く感じません。パカパカではありません。

ケースもコンパクトでイヤホンの出し入れもしやすいため、使用の上で不快に感じることはありません。

ケース背面にmicro USBの充電ポートとLEDインジケータがあります。

USB Type Cでは無いのがやや惜しいです。

太めの革紐がアクセントになっており、シンプルでかっこいいです。

夏、短パンのポケットにケース突っ込んでぴょこんと革紐出しとくのもアリかもと思ったり。

その他フルワイヤレスイヤホンのケースサイズの比較です。

左からNURAL NT01AX・Apple AirPods・sudio Tolvです。ケースも最近のフルワイヤレスイヤホンと同等のサイズ感でGOOD。

電源を意識させない設計で使用感も合格点。接続安定性も装着感もバッチリ!

ケースからイヤホンを取り出すと自動電源オンで自動ペアリング・ケースに収納で電源オフ&イヤホン本体の充電が可能です。ペアリング速度も非常に早く、耳につけた頃にはペアリング済みとなっています。

この仕様、AirPodsを使用している人だとお馴染みだと思いますが、すごく快適なのでやはりこの機能があると嬉しいですね。個人的には必須機能です。

接続安定性についてもPixel3 およびiPhone X にて使用してみましたが特に途切れることもなく問題なかったです。通話も問題なくできました。

インジケーターLEDライトが控えめに点灯するのも評価したいです。

装着感は、耳に馴染むように奥まで挿入するような感じです。私の耳には収まりもよく、不快感はありません。

耳に収まるのでイヤホンを付けてますよ!!という主張が激しくないものいい感じ。

約7時間の連続再生に加え、付属のケースによる充電込みだと最大35時間の再生が可能です。

音質・リモコン操作は?

音を鳴らすユニットであるドライバーには、グラフェンドライバーを採用しています。

前機種のnivaでは音の響き方にややプラスチッキーさを感じていましたが、価格相応かなと思っていました。しかし、本機種Tolvでは感じることがなく音質傾向としてはそのまま高音質化・ブラッシュアップしたように感じます。

具体的には、柔らかめのナチュラルサウンドなのですが、音圧感があり、ロー・ミッド・ハイをそれぞれを押し出したような印象を受けました。

低域はキレがあるというよりは緩めにプッシュしてくるような感じで、ハイはややキラキラ響くようなチューニングになっているかと思います。聞こえる音のきめ細やかさがもう一歩欲しいと感じますが、価格を見ればかなり頑張っていると思います。

リモコン操作でできること

イヤホン本体の中央部がクリックできるようになっており、各種操作が行えます。

  • 左右トリプルクリック・音量を一段階調整
  • 左右ダブルクリック・曲戻し 右曲送り
  • シングルクリック・再生停止
  • 長押し・音声アシスタントの呼び出し

とこんな感じで一通りの操作ができます。物理キーなので押した時にゴツンという音が耳に入ってしまう反面、正確な操作ができます。

総評:カナル型でケースやイヤホンの質感に拘る人におすすめ

カナル型に対する拘りが無く、iPhoneユーザーであるのであれば相変わらずAirPods2が個人的にはオススメなのですが、カナル型が良い!という方もいるはず。

NURAL NT01AXなど、最近は使い勝手も良く非常に高音質なのにコスパにも優れた製品が出てきていますが、NT01AXはケースがプラスチックのためかなりチープです。

フルワイヤレスイヤホンとして紹介したような不快要素が無いことを前提に、控えめでシンプルなデザインで質感にまで拘りたい、カナル型が良い、でも価格が高すぎるのは嫌だ。そんな人にはsudio Tolvはかなり良い選択肢のうちの1つとなるのではないでしょうか。

オリジナルトートバッグをゲットできるキャンペーン中

7月31日までにイヤホンをご購入の方へ、先着でsudioのオリジナルトートバッグをプレゼント中とのこと。毎年違うデザインでリリースしているみたいですね。

サイズ感はこんな感じ。シンプルなので合わせやすいですね!

小さめの内ポケットもついており、使い勝手も良いです。

ブラックの非常にシンプルなレザーにsudioと印字されたロゴがアクセントになっています。

キャンペーンコード「curiousbox」で15%オフで購入可能

今回、CuriousBoxの読者様向けにキャンペーンコード「curiousbox」を用意して頂けたので、公式HPで購入する際に入力することで安くsudio Tolvを購入することが可能です。

各種リンクは以下より。公式サイトにその他カラーバリエーションの写真もあるので気になった方は要チェック!